アクセサリー

マジッククリップ2のこと

 サイクロプス社製のウェポンキャッチ「マジッククリップ2」を買ってみた。

 丁寧なメッセージカードと注意書きが付いてきた。

 同時に、2モールアダプターも購入。

 こちらもメッセージカードつき。最近こういう心遣いが流行っているのだろうか?
 こういうことされると捨てにくいじゃないですか。嬉しい。

 詳しい取付方法など、取扱説明書の類が何も無かったので、誰かの参考になればと思いレビューしてみる。

 まずは2モールアダプターから。

 材質はナイロン樹脂製で、色はマットブラック。表面は少しざらつきがある。
 マジッククリップを固定するための六角ネジが4本付属する。

 大きさはタバコの箱くらいか。あるいはマルイのスタンダードのショートマガジンよりちょっと小さいくらい。

 アダプターは上面と下面の六角ネジを抜くことで、前部(クリップ側)と後部(取付側)の2つのパーツに分割できる。
 写真の右側が後部パーツ、左側が前部パーツ。

 ネジを抜くには4ミリの六角レンチが必要。
 上のネジが長く、下のネジは短い。

 後部パーツの中央には固定用の六角ネジが2本ある。このネジも4ミリ

 固定用のネジを抜き、後部パーツを固定したい箇所のモールに差し込む。
 私はひとまずプレートキャリアの中央、腹の真ん中に付けることにした。

 中央の六角ネジを締めこんでモールに固定する。

 次にクリップ本体とフック部分を用意する。

 アダプターの前部パーツにクリップ本体を固定するのだ。

 クリップの裏面にはネジ穴を保護するためであろう、丸い頭のネジが5本入っている。

 これは手で回して抜くことができた。
 六角レンチで抜く場合は、3ミリのレンチが必要である。

 念のため、このネジは保管しておこう。

 クリップは取り付ける高さを3段階から選べる。今回はとりあえず一番下の穴で固定することにした。

 ここの六角ネジもサイズは4ミリである。

 前部パーツに固定する。あとはこれをプレキャリに付けた後部パーツと合体させるだけ。

 六角ネジで固定し、合体が完了。

 意外と横幅はそれほどでもなく、すぐ隣にマガジンポーチを付けても圧迫感がない。

 全体的な見た目もすっきり。

 次に、銃側にフックを取り付ける。

 フックは20ミリレールにならどこにでも付けられる。位置調整のために一端、ホロサイトは取り外した。
 ゼロインをし直さないといけないが、まあ大した手間ではない。

 ホロサイトはなるべく後ろに付けたいので、フックは一番後ろに付けることにした。

 場所としてはここでいいのだが、引っかけるハンドルの角度がこれではまずい。
 頬付けして構えると、ハンドルが鼻のすぐ前にきてしまう。鼻をぶつけそうで恐い。
 何よりチャージングハンドルと干渉する。

 ハンドルはここの六角ネジを緩めることで動かすことができ、任意の角度で固定することができる。
 この六角ネジも4ミリだ。

 ただし、20ミリレールへの固定側のネジは3ミリとなっている。

 ハンドルは任意の角度で固定できるのだが、完全に任意というわけではなかった。
 画像のような真下の位置では固定できなかった。

 真下から少し後ろ側、あるいは、

 少し前側で固定することができた。

 おそらく内部のネジ山のピッチの数が限られるのだろう。

 角度は少し後ろ側で決定。まあ大して変わらんだろう。

 ここなら鼻にもあたらず、照準の邪魔にもならない。チャージングハンドルやHK416C特有のワイヤーストックとも干渉しない。

 いざ、引っかけてみる!

 銃の重みがかかり、重心が前に移動する。3キロちょっとの銃が前に傾くので不安になるが、固定自体はバッチリできている。

 これはプレキャリを着て腹側を見下ろしたところ。
 ハンドルの1ヶ所だけで支えているのが頼りないように見えるが、ずれたり外れたりすることはない。少しぐらいジャンプしても大丈夫だった。

 クリップにはロック機構があるが、激しく動かなければさほど必要なさそうだ。

 ただし、これで歩いたり走ったりすると銃の先端がばたついて、ちょうど私の股間を強打する
 移動するときはやや銃を押さえながらの方がいいかもしれない。

 ゴーグルとマスクを付けると腹側が遮られるのでちょうど見にくい位置になる。ハンドガンとのスイッチングなど、手元を見ずにスムーズに着脱するには練習が必要だろう。

 今まで電動ガンは「スリングがあるのが当たり前」という世界で生きてきたため、マジッククリップの使い心地は今までにない独特なものだ。
 スリングが無くてもいいという状況の違和感がすごい。これは新しい世界だ。
 こればかりは慣れるしかない。

 とはいえ、改良点もある。

 クリップの右側にマグポーチなどを付けてしまうと、ロック機構と干渉してしまう。ロックを使わないのであればこれでも構わないが、配置は考え直す必要がありそうだ。

 さらに、銃の重みが2本のモールへもろにかかるため、安物の縫製だとちぎれてしまうかもしれない。
 私のプレキャリは5000円ほどなのでそこが不安だ。

 私はこれまでプレキャリに予備マガジンを2本入れていたが、マジッククリップを付けたためにあと1本を付ける場所がなくなった。
 アダプターを使えばモール2本で済むとはいえ、取り付けられる装備が減ってしまう。やはり全体的にプレキャリの内容を考え直さねばならなくなった。

 だが、そういう試行錯誤をするのも楽しい!

 あとはガンケースへ収納するとき、これまでの左を下にする向きでは収まりが悪くなってしまった。フックが上に来るようにしないとガンケースのベルクロで固定できない。
 まあ、これは向きを変えればいいだけのこと。

 早ければ9月20日の「第10回:ギリサバ」で使うことになるだろうが、天候(熱さ)によってはまだ出番はないかもしれない。

 いずれにせよ、これは間違いなくサバゲーが変わる装備だ。

 早く実戦で使いたい!





遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)
サバイバルゲームランキング
にほんブログ村

【レビュー】M9A1【ガスブロ】前のページ

【カスタム】BM-9のカスタム失敗のこと【実証】次のページ

関連記事

  1. オプション類

    アングルサイトが気になること

     ある日ツイッターをさまよっていると、アングルサイトなるもの…

  2. アクセサリー

    マジッククリップガイドのこと

     スリングのわずらわしさから解放される画期的なアイテム、サイ…

  3. アクセサリー

    新しい猫耳は難しいこと

     先日届いた中央町戦術工房さんのネコミミユニット。 …

  4. オプション類

    【レビュー】アングルサイト【見えるぞ!】

     以前から気になっていたアングルサイトというものを購入したので早速レ…

  5. アクセサリー

    猫用ハンドカフのこと

     新年早々、何のことか分からないタイトルである。 サバゲー装…

  6. アクセサリー

    SFなネコミミのこと

     サバゲーのスタイルのひとつに、「アーマー勢」と呼ばれる方々がいる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

最近のコメント

    1. M9A1

      【レビュー】M9A1【ガスブロ】
    2. BM-9 CO2GBB

      BM-9が壊れたこと
    3. 雑記

      短文更新
    4. アクセサリー

      新しい猫耳は難しいこと
    5. BM-9 CO2GBB

      【修理】BM-9が戻ってきたこと【完了】
    PAGE TOP