雑記

流行りのエアガンのこと

 エアガンにも人気のモデルがある。
 ここ数年、ずっと人気を保っているのがハイキャパグロックだ。

top_W_camp_1009

 実銃でのハイキャパはM1911系、いわゆる「ガバメント系」のカスタムモデルのこと。
 エアガンでは東京マルイから2004年に発売されたハイキャパ5.1 ガバメントモデルを初めとする一連のシリーズが特に人気が高い。

 マルイならではの性能の高さ、大容量ガスタンクの安定感、45口径の質実剛健なデザインと、人気になる要素しか入っていない。

top_W_camp_1009

 グロックは昔から映画やゲームなどに頻繁に登場する人気モデルで、その近未来的なデザインとポリマーフレームはハンドガンの新たなスタンダードを作ったといっても過言ではない。

 エアガンとしては去年、東京マルイからグロック17 Gen.4が発売されたのが記憶に新しい。
 グロックとしてだけでなく、マルイのガスガンとしても最高の性能と呼び声が高い。

 この2種類はマルイ以外のメーカーからも多くのモデルが出ており、対応するカスタムパーツも多い。

 エアガン界が盛り上がるのは嬉しいことだが、ベレッタ好きとしては何ともさみしい話ばかりである。
 雑誌やネットの特集で新製品が取り上げられるたびに、

「またハイキャパか……」

「またグロックか……」

 と、どこか落ち込む私がいる。

 いま注目されているCO2ガスガンでもハイキャパやグロックが多く、ベレッタM92F系はBM-9 CO2GBBしかない。
 BM-9はベレッタM9A3のエアガンとしても唯一のものである(以前はG&GアーマメントからもGPM9というモデルで出ていたが、どういうわけなのか現在G&Gの製品カタログには見られない)。

 ベレッタは人気がない……というわけではないが、やはりエアガンの人気は実銃の人気に比例するところはある。

 ベレッタはグロックのように先進的な銃ではなく、さらにハイキャパのようにカスタムモデルが続々と出ているわけでもなさそうだ。さらにM9が米軍の制式採用から外れ、M17に取って代わられたというイメージもある。
 もはや銃としては一世代前になりつつある。

 とはいえ、米軍にも採用された信頼性の高い銃であることに変わりはなく、これからも長く使われる銃なのは間違いない。

 エアガンでも息の長い人気が続くことを祈るばかりである。




遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)
サバイバルゲームランキング
にほんブログ村

アングルサイトが気になること前のページ

CO2ガスガンの未来のこと次のページ

関連記事

  1. CO2ガスガン

    STGA/JASG認定・CO2ハンドガンのこと

     東京マルイのフロンガス「ガンパワー HFC134a」が値上がりした…

  2. 雑記

    謹賀新年2021

     皆様、明けましておめでとうございます。 今年の目標…

  3. 雑記

    軍拡の誘惑のこと

     マルイのHK416Cがあれば充分! 他の長物はいらない!…

  4. 雑記

    サバゲーイベントの時系列

     近年のイベント的サバゲーで特に有名なのが「ARMOR祭」、「MAD…

  5. 雑記

    銃口管理のこと

     サバゲーのマナーにおいて重要なもののひとつに「銃口管理」が…

  6. 雑記

    本日、参戦!

     本日、私、遠野明はミサキサバゲーの定例会に参戦します!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

最近のコメント

    1. 東京マルイ HK416C

      HK416Cをレビューすること
    2. BM-9 CO2GBB

      BM-9の真の性能のこと
    3. 雑記

      流行りのエアガンのこと
    4. 雑記

      短文更新
    5. 雑記

      本日、参戦!
    PAGE TOP