カスタム

HK416Cのバットプレートのこと

 新たなる愛銃・HK416C

 HK416Cの特徴のひとつであるワイヤーストックだが、M4系と違ってバットプレートが非常に小さい。
 構えてみるとそこまで違和感はないのだが、やはり「小さいな」という印象はある。

 もう少し大きい方が構えた時に安定感があるのだが……

 そういう声は以前からあったようで、ケイ・ホビーから以下のようなカスタムパーツが出ているのを発見した。

東京マルイ 次世代電動ガン HK416C用カスタムストックパッド

 なるほど、これは良さそうだ。
 8148円と少々値段は張るが、私も購入した。

 さっそく組み込んでみたい。

 カスタムプレートといっても材質は純正と同じ樹脂製。ようは硬いプラスチック。

 まず純正ストックを銃から引き抜く。

 ストックの金属棒には左右で違いがある。どちら側なのかを分かりやすくするため、色の違う輪ゴムを巻いて作業した。

 純正のバットプレートを固定しているピンをピンポンチで叩いて抜く。
 ピンは抜け止めのあるローレットピンではなく、単なるスプリングピンである。

 純正品と比べると、カスタム品の方がだいたい2倍くらい大きい。

 あとは金属棒の左右を間違えないようにして、逆の手順でピンを叩き入れるだけ。

 しかし、いくら叩いてもピンの頭が少し出てしまう。

 結局、両側ともいくら叩いても頭が出てしまい、これ以上は入らない。
 長さは1~2ミリ程度だが、ちゃんとはまらないのは気になって仕方がない。

 純正はそんなことなかったのに、なぜ……?

 こねくり回しているうちに、ある可能性に気づいた。

 これひょっとして、ピンを入れる穴がおかしいんじゃないか?

 ピンを入れる穴は金属棒をはめこむ穴を貫通するように開いている。

 この穴が平行に貫通していないのでは?

 とはいえ、打ち込んでしまった今となっては確かめることもできず、取り外すこともできない。私の入れ方が悪かった可能性もある。
 入れる前に確認しておけばよかった……

 しかし金属棒にがたつきはなく、バットプレートもぐらつかない。
 取り付けはきちんとできているようだ。

 ひとまず交換は終了。

 構えてみると確かに安定性は良くなった! 以前のM4系ストックの使用感にぐっと近づいたのである。

 実戦投入の日がますます楽しみだ。




遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)
サバイバルゲームランキング
にほんブログ村

HK416Cが分解しにくいこと前のページ

カモフラージュテープを巻くこと次のページ

関連記事

  1. 東京マルイ HK416C

    HK416Cが分解しにくいこと

     東京マルイのHK416Cは取扱説明書に通常分解の方法が書い…

  2. カスタム

    【カスタム】お手軽なカスタムのこと【簡単】

     サバゲーをやり始めて自分の銃を持つようになると、やがては「…

  3. BM-9 CO2GBB

    【カスタム】BM-9のカスタム失敗のこと【実証】

     定期的にBM-9 CO2GBBのことを調べている。 ある日、「マガ…

  4. カスタム

    リポバッテリーは簡単かもしれないこと

     サバゲーマーに普及しているリポバッテリー。 「扱いが難しい…

  5. 東京マルイ M4A1 R.I.S.

    ちょっとずつカスタムのこと

     命中精度の向上のためには、チャンバー周りの「気密取り」をす…

  6. カスタム

    ポセイドンのバレルのこと

     カスタムについては初心者の私だが、興味はあるのでいろいろなパーツの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

最近のコメント

    1. 雑記

      大晦日2020
    2. 雑記

      流行りのエアガンのこと
    3. アクセサリー

      猫用ハンドカフのこと
    4. フィールドレポート

      11月28日のみさきサバゲーのこと
    5. BM-9 CO2GBB

      【修理】BM-9が戻ってきたこと【完了】
    PAGE TOP