東京マルイ HK416C

HK416Cをレビューすること

 東京マルイからAKストームが出たばかりだが、そんなことはどうでもよい。

 ついに来た。

 俺の新しい相棒!

 HK416C カスタムが!

 基本的なレビューは「ハイパー道楽」さんのこちらの記事で書かれているので参考まで。

 箱を開けると内部は黒で統一されている。
 昔のスタンダード電動ガンは単なる発泡スチロールの箱だった。次世代になって箱のデザインも高められている。

 この小箱のようなものの下に……

 マズルキャップやBB弾などがある。

 この台紙のさらに下にクリニーングロッドなどが収められていた。

 エアコキのM92Fと比べると、電動ガンとしては圧倒的な小ささであることが分かる。

 ストックを伸ばしてもこの程度。

 四つ又のフラッシュハイダー。
 M4系特有のバードケージタイプではなくなり、より攻撃的な顔つきになった。

 フォアグリップが標準装備なのはかつての愛銃・M4A1/RISと同じ。グリップのデザインもよく似ている。

 長いグリップは使いにくいので、私はショートグリップに交換した。
 本当はもっとレシーバー側に寄せて付けたいのだが、ハンドガードロックボルトがわずかに邪魔をしてここまでが限度だった。

 M4A1/RISと違ってレールカバーが付属しない。
 金属製のレールはエッジがやや立っていて、手を切るほどではないにせよ、素手で持つのは痛い。
 サバゲーでは手袋をはめるので関係ないといえばないのだが、むき出しなのも不安なので別途レールカバーを付ける予定。

 M4系を踏襲しながらもHKらしさがあふれる金属製レシーバー。スタンダードの樹脂製とは異なり、重厚感と高級感がある。
 その分、重量はあるが、全長が小さいので持ちやすく、重さが気になりにくい。

 折りたたみ式のアイアンサイトはフロント、リアともに着脱が可能。
 私はリアサイトは外してホロサイトを載せることにする。

 フロントサイトは残しておく派。

 展開を楽にするため、フロントサイトは前後を逆にして付けた。

 手袋をしていても細身で握りやすいグリップ。
 他のM4系のグリップにあるフィンガーチャンネルがこれには無い。以前から少し邪魔に感じていたので、これは助かる仕様。

 私にとっては初めてのアンビセイフティー。
 親指での操作は変わらないが、動かすと人差し指に当たるのでやや違和感がある。これは慣れの問題だろう。

 バッテリーをマガジンに内蔵できるのがHK416Cの特徴の一つだが、使うつもりは全くない。
 バッテリーケースはすでに持っているので、外付け式で使う予定。

 考えてみればM4A1/RISも外付け式だった。こういうタイプに縁があるのか?

 右側のレールの一部が外れることで、外付け用のコネクターを取り出せる。

 ケーブルを逃がすための溝があり、そこにケーブルを這わせる。
 溝の中に2本のケーブルを並べるようにするとはまりやすい。

 ケーブルの取り回しは考える必要がありそうだ。

 スタンダード用のショートマガジンを使えるようにするため、パカ山クラフト製のマグパイプを購入した。

 「次世代対応ショートマグの発売を待てない方に」……

 俺のことやん!!

 画像中央の給弾口に差し込んで使う。

 ちなみに給弾口の右に見えるのがホップ調整用のドラム。さらにその右に見えるのは専用マガジンの電源端子。

 ラジオペンチでつまんで作業するとやりやすい。もちろん取り外すこともできる。白色なので奥まっていても見やすい。

 これでスタンダードのマガジンが使える代わりに、ボルトストップ機構は働かなくなる。
 いざとなれば次世代の通常マガジンも使える。

 ショートマガジンを入れたところ。少し硬くて入りにくいが使っているうちに当たりが付くだろう。
 ちゃんと給弾されるかは実射してみないと分からない。

 ストックチューブの根元にスリングを入れる穴がある。しかし今まで使っていたスリングでは入らない。
 1点式のスリングを新しく買おう。

 HK416Cの最大の特徴、ワイヤーストック。華奢なのが少し不安。

 この長さがちょうどいい感じ。頬付けしたい場合は、短いストックチューブに頬を当てる。金属が冷たい。できればチークパッドが欲しいところだ。

 そしてバットプレートが小さいのも気になる。
 ここはケイホビー製のHK416C用カスタムバットプレートに交換する予定。

 ひとまず今まで使っていたアタッチメントを移植する。

 これは良くなってきたぞ!

 あとは実戦投入するのみ!!




遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)
サバイバルゲームランキング
にほんブログ村

M-Pactグローブのこと前のページ

HK416Cが分解しにくいこと次のページ

関連記事

  1. 東京マルイ HK416C

    HK416Cが分解しにくいこと

     東京マルイのHK416Cは取扱説明書に通常分解の方法が書い…

  2. カスタム

    HK416Cのバットプレートのこと

     新たなる愛銃・HK416C。 HK416C…

  3. カスタム

    カモフラージュテープを巻くこと

     カスタムバットプレートに交換した私のHK416C。…

  4. カスタム

    【カスタム】お手軽なカスタムのこと【簡単】

     サバゲーをやり始めて自分の銃を持つようになると、やがては「…

  5. 東京マルイ M4A1 R.I.S.

    ちょっとずつカスタムのこと

     命中精度の向上のためには、チャンバー周りの「気密取り」をす…

  6. 東京マルイ HK416C

    HK416Cのバッテリーケースを自作すること

     東京マルイの次世代電動ガン・HK416Cカスタム。 サバゲ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

最近のコメント

    1. カスタム

      カモフラージュテープを巻くこと
    2. プレートキャリア

      【レビュー】ウルトラベント・パッド【涼しい】
    3. ベルト

      【装備】ファーストラインを見直す【構成】
    4. 収納用品・バッグ等

      【整理】サバゲー用品を整理する【整頓】
    5. カスタム

      HK416Cのバットプレートのこと
    PAGE TOP