雑記

SIG AIRがCO2を持ってくること

(画像出典)

 代替フロンの削減や値上げに伴って、今エアソフトガン界でにわかに期待されているCO2ガスガン

 そんな中、ライラクスから、SIG AIRのCO2ガスガンが発売されるという!

 SIG AIRとは、あの世界有数の銃器メーカー、SIG Sauer Inc.(シグ・ザウエル)のエアソフトガンブランドである。

 実銃メーカーによるエアガンブランドといえば、クリス・ベクターで知られるKRISS USA社によるKRYTACが有名だが、SIG AIRはそれに続くものである。他の実銃メーカーでも同様のブランドがあるかもしれないが、日本で特に有名なのはこの2社だ。

 ライラクスはすでにKRYTACの日本総代理店であるが、SIG AIRとも契約を結び、電動ガンのMCX VIRTUS SBRを販売したことは記憶に新しい。

 そのSIG AIRが、米軍に制式採用されたばかりの自社製品・M17(SIG P320)をエアガンで発売するというのだ。
 しかもCO2ガスガンで!

(画像出典)

 これは大ニュースだ!

 ただでさえM17はM9に代わる32年ぶりの米軍制式採用拳銃だし、人気が出るのは間違いない。
 エアガン化が望まれるのは当然のことだが、それが単なるトイガンメーカーではなく、実銃を作っているSIG自らが手掛ける製品となれば、これはもうエアガンでありながら実銃と同じと言っていい。

 もう人気が出ると決まったようなものだ。

 その注目モデルがCO2ガスガンで出るというのだから、なおさら驚きである。
 もちろん日本仕様に合わせて樹脂スライド化し、JASGから認証を取得する予定だという。

 これほどの人気モデルなら買う人は多いだろう。そしてM17を機にCO2ガスガンに触れる人もいるかもしれない。
 つまり、これをきっかけにして、日本でCO2ガスガンのユーザーが大きく増えることが期待できるわけだ。

(画像出典)

 東京マルイは今後の新製品としてガスブローバックの「P320」(M17の民間モデル)を予定しているが、正直なところ、本家SIGがM17を出すことに比べれば見劣りすることは否めない。

 このCO2版M17が日本のトイガン業界にとって黒船となるのか?

 来年も注目していきたい!




遠野明:ツイッター(@lifeisgunfire)

サバイバルゲームランキング

にほんブログ村

東京マルイの新製品のこと前のページ

SFなネコミミのこと次のページ

関連記事

  1. 雑記

    【レポート】大阪/日本橋サバゲーロード【徒歩】

     ツイッターでお世話になっているかんがえるいぬさん。 いぬさ…

  2. 雑記

    大晦日2020

     2020年も今日で最後。 今年は「コロナ禍」により…

  3. 雑記

    本日参戦!

     本日、私は仲間とともにキャンプ大原に参戦する。 マ…

  4. 雑記

    流行りのエアガンのこと

     エアガンにも人気のモデルがある。 ここ数年、ずっと人気を保っている…

  5. CO2ガスガン

    STGA/JASG認定・CO2ハンドガンのこと

     東京マルイのフロンガス「ガンパワー HFC134a」が値上がりした…

  6. 雑記

    銃口管理のこと

     サバゲーのマナーにおいて重要なもののひとつに「銃口管理」が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ

最近のコメント

    1. オプション類

      【レビュー】オーライト・PL-MINI VALKYRIE【ウェポンライト】
    2. 収納用品・バッグ等

      【整理】サバゲー用品を整理する【整頓】
    3. ホルスター

      ホルスターのネジ交換のこと
    4. 雑記

      軍拡の誘惑のこと
    5. BM-9 CO2GBB

      【カスタム】BM-9のカスタム失敗のこと【実証】
    PAGE TOP